コース紹介

> コース紹介 > 調理師科 > 概要と資格

調理師科 資格と概要

一人一台の実習台で調理の基礎から徹底的に学ぶ!
調理師 専修科(昼間2年制コース)
基礎技術の徹底的な習得と、高度なテクニックまで確実に身につける2年間。本校独自のカリキュラムにより、豊かな知識・技術・センスといった調理師に不可欠な要素をしっかりと磨き上げます。未来の料理長や経営者を育成します。
  調理師 本科(昼間1年制コース)
“調理師”を目指す最短コース。「食」の楽しさを追求し、各ジャンルの基礎をしっかり身につける凝縮された1年間。実践重視の授業で、豊かな食生活を支えるプロの料理人を育てます。
ページの先頭へ

知ってもらいたい4つの特長

現場で困らないチカラ基礎調理実習 photo
何個むいても、同じカタチに出来るのが「プロ」。調理師は何十、何百の料理を同じ味、同じ盛りつけでスピーディーに提供しなくてはなりません。そのためには、ひとつの食材を同じ形に手早く切りそろえる技術や火力を操る能力が必要不可欠。1人1台の実習スペースや器具が完備され、最大50名が同時にフライパンを振ることができる「基礎調理実習室」でノンストップの集中授業を行い、調理師に必要な「プロの手」を育成しています。
調理の流れを体で覚える1人1台の実習台 photo
どれだけ多く道具に触れたか、が「プロ」への近道。温かいものを温かく出す。お客様の食べるスピードに合せて料理を出す。大量のコース料理を一度に何百食も出す。調理現場は常に時間との戦いです。その時間との戦いに打ち勝つには、効率の良い作業手順を瞬時に判断する能力が必要。平岡学園では、その能力を引き出し、伸ばすために、一人一台の実習台で調理の一連の作業をひとりでこなす授業があります。
宴会ならあたりまえの完成力大量調理実習 photo
何皿つくっても、同じ味・見栄えに出来るのが「プロ」調理現場が専門学校に求めるもの。それは、「即戦力」となる人材の育成です。平岡学園ではホテルの厨房を再現した厨房施設を設置し、最大600食もの料理の提供ができる広い空間を用意。調理現場さながらの実践に即した授業を行っています。毎日約400食もの食事を作ることで、実践力やチームワーク、盛りつけへのこだわりなど、現場に通じる精神を学んでいきます。
料理の基本となる食材から徹底的にこだわる! photo
美味しさと共に“安心、安全”な料理を提供することは調理師の使命です。平岡では学園所有の菜園で野菜作りに取り組んでおり、素材へのこだわりについても学びます。季節に合わせた野菜を栽培し、日々の給食や実習に利用。ハーブなども自家製です。主食となるお米は、鹿児島県伊佐市菱刈で育てられた減農薬米。平岡学園園芸部顧問を務めて下さっている斎藤さんの自慢のお米です。
ページの先頭へ

調理師・専門調理師になるまでの流れ

ページの先頭へ

調理師・専門調理師になるまでの流れ

専修科2年制コース

調理師免許証(国家資格)
専門調理師受験資格(学科免除)
食品技術管理専門士
全国調理師養成施設助手資格(推薦者)
ホームヘルパー2級(選択制)
専門士(衛生専門課程)

本科1年制コース

調理師免許証(国家資格)
専門調理師受験資格(学科免除)

ページの先頭へ